So-net無料ブログ作成

第11回ソープボックスダービー日本グランプリの情報は、こちら

第9回ソープボックスダービー日本グランプリ実施速報 [SoapBoxDerbyスタッフ日記]


第9回ソープボックスダービー
日本グランプリ実施速報


平成21年4月12日(日)
神奈川県秦野市立中央運動公園前市道にて




米国本部公認レース
「スーパーストック公式部門」
 9代目日本チャンピオンは、

秦野市立南ヶ丘小学校6年(神奈川県在住)
片瀬 珠梨(かたせ じゅり)さん!
7月25日に開催される 第72回オールアメリカン・ソープボックスダービー 国際大会(米国オハイオ州アクロン)へ 日本代表として参加します


上位入賞者記録 ベスト2本のタイム平均

                                                                                                                                   
順位名前タイム出身・学年
1位片瀬 珠梨36.215秒(1st 36.21 2nd 36.22)秦野市 小6
2位山本 丘晃36.715秒(1st 36.65 2nd 36.78)秦野市 小6
3位草柳 貫36.840秒(1st 36.64 2nd 37.04)秦野市 中2

レース 報 告

                                                                                                                                               
コース全長240m
コース斜度15度
コース数2レーン
エントリースーパーストック公式部門10名
競技形式2レーンを交互に1名に付き4ヒートを行い、成績のよい2ヒートの合計タイムで順位を競う
最速3ヒート目、片瀬珠梨さんが出した36.21秒
最終車速ゴール地点での最終車速は36.1km(距離と時間から計算した値)


優勝の過程

     
  • 優勝した片瀬さんは、レース3度目の挑戦で念願の優勝を果たす
  • 一日中快晴に恵まれたレース展開
  • 片瀬さんは全ヒート(4本)中の3本までが1位、また全タイムも参加選手中で唯一36秒台をキープ  
  • 過去のレースからコースは比較的、川側で早いタイムが出ているが、今日の片瀬さんの走りは好タイムが出難い公園側でも安定した速さをみせた
  • 本日の最速タイム36.21秒を出したのも片瀬さん
  • 上位3台の車両をレース終了後直ちに再検査、車検官が公平なレースであったこと確認し片瀬さんの優勝が決定する


そ の 他

     
  • 11日(土)は上智短期大学構内で、車検・重量調整・テスト走行、交流会とキャンプを行う  
  • 車検と重量調整は自動車開発に携る者等17名で行い、車検終了後の全車両は施錠した建物で翌日まで管理される  
  • 12日(日)は、秦野市道623号線で、午前10時40分頃より「スーパーストック公式部門」のレースを米国本部規定に従い遂行する  
  • 大会会長の関谷正徳・副会長の横溝直輝、スペシャルゲストの山路慎一が、一日放送席から子ども等へ応援を送る

                                                                                 
今後の予定7月19日(日)日本出発 目的地:米国オハイオ州アクロン
7月20日(月)歓迎式典
7月25日(土)「第72回オールアメリカン・ソープボックスダービー国際大会」

                                                                                   
主催特定非営利活動法人 日本ソープボックスダービー
協賛(筆頭)横浜トヨペット株式会社
後援秦野市/秦野市教育委員会/秦野市観光協会/秦野商工会議所/はだの市民活動団体連絡協議会/東海大学/上智短期大学/大会特別後援会
協力小田急電鉄株式会社/関岡そろばん道場

                                                                                                                                                                                                                   
運営組織大会名誉会長古谷義幸(秦野市長)
大会名誉副会長山室幸三(秦野市観光協会会長)
大会会長関谷正徳(NPO理事長)
大会副会長横溝直輝(NPO副理事長)
後援会長岸 司朗(秦野商工会議所会頭)
大会事務局長佐藤朗雄(NPO正会員/事務局次長)
レース委員会委員長佐藤博道(NPO正会員)
大会責任者山本教子(NPO理事/事務局長)

                                                                                                           
アドバイザー協力秦野警察署
運営顧問秦野市観光協会事務局長
秦野商工会議所専務理事
技術顧問林義正(東海大学工学部教授)

                                                                                                           
データ参加地域東京、神奈川、千葉から10組(うち秦野市内からは4組が出場)
気  象快晴
来場者数約1000名
スタッフ150名 (県警交通安全教育隊、事故防止対策隊(白バイ隊)、秦野警察署、秦野市交通安全協会指導員、市役所・観光協会・会議所、東海大・上智短期大生や卒業生、トヨタ自動車㈱東富士研究所有志、日産自動車㈱有志、㈱サンペイント、㈱湘南、湘南ハーレークラブ有志、個人、本部正会員、ソープボックス卒業生など)

今年も無事に大会が終了いたしました。
大会当日は快晴に恵まれ、たくさんのお客様の来場がありました。
心より感謝いたします。

毎年、大会終了後はこれができなかったと反省点ばかりあるのですが、
皆様にとって楽しいイベントを提供できたと思っております。


来年は、記念の第10回大会です。
今年よりもさらにパワーアップした内容をお届けできるよう精進して参ります。
どうぞ皆様、今後ともよろしくお願いいたします。
当ブログでは、大会の二日間の様子やレースリポートを更新予定です。
お楽しみに!


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

不和爺

当方サイトへのコメント、誠にありがとうございました。
勝手にレポっただけの内容でしたが、スタッフ様から直接コメントいただけるとは光栄です!いろいろと、貴重なお話までいただき嬉しい限りです。

もちろん、ノラネコ生活さんのblogを参考にした上で、当日秦野へ向かいました。ただ、本当に後押しされたのは、会長の娘さんのblogだったのですが...(笑)

技術顧問に、あの林教授が参画されていたとは驚きです。
最後まで観戦できず残念でしたが、表彰台は地元選手で独占ようで。
優勝したら米国へ行けるのですね。素晴らしい!
来年、参戦してみようかな?...って冗談です。

ソープボックスダービー日本グランプリ、これからの発展を祈念しております。このキグナス号のように、Formula Nipponなどとコラボって、ソープボックスの知名度をUPできたらいいですね。

第10回も、是非伺わせていただきます!
by 不和爺 (2009-04-19 00:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。